飼い主の呼ぶ声にしっかり反応させ、指示に従わせるという主従関係を構築する必要があります。

MENU

子犬のしつけ

 

犬を飼いはじめる人に共通の課題として立ちはだかるのが犬のしつけです。

 

犬をしつけを失敗してしまうと、家族を困らせたり、近隣の住人に迷惑をかけたり、社会性の低い犬に成長してしまう犬に成長してしまう可能性があります。

 

子犬のしつけは一言では語りつくせないほどさまざまな考え方があり、初心者はどんなしつけの仕方をしたらいいかわからなくなることがたくさんあります。

 

 

犬との信頼関係

 

子犬をしつけることで大切なのは、犬と飼主との信頼関係を構築するということです。

 

子犬が成長して躾がうまくいかなかったときに様々な問題行動を起こす可能性があります。

 

そういった問題は例えば飼主の指示に従わなかったり、飼主の呼ぶ声にすら反応しないなどの信頼関係の欠如に由来することが多々あります。

 

すなわち良い子犬のしつけ方とは、飼主の呼ぶ声にしっかり反応させ、指示に従わせるという主従関係を構築する必要があります。

 

そのときに重要なのがアイコンタクトボディコントロールです。

 

しつけられる犬

 

例えば犬の目をじっと見て、「待て(ウェイト)」などの指示に従わせるためには、犬と飼主とのアイコンタクトができる関係でなければなりません。
そして犬というのは、信頼関係がないと、体に触れようとするとはげしく動き回ったり、噛みついたりすることがあります。

 

飼主がどのように犬に触れても動じないようなボディコントロールができる関係でなければ、主人の言うことを聞かないでしょう。

 

このように人間が犬をコントロールできるような関係でないと、むやみに人や他の動物に攻撃的になったり、臆病になったりすることもあります。

 

また子犬時代になんとしてもしつけておきたいのがトイレの躾です。
犬のトイレの躾で大切なのは、所定の位置でトイレをすることを教える必要があります。
また犬のトイレを散歩中にさせるよりもむしろ犬のトイレを作りそこにさせるようにする方が環境や社会のためにも好まれます。