愛犬の健康を病気から予防するには、定期的な健診をする事が大切です。

MENU

愛犬の病気予防

犬の平均寿命が伸びてきている近年、病気にかかってしまう犬も多くなってきています。
では、犬がかかる病気にはどんなものがあるのでしょうか?ここでは病気の症状やその予防法についてご紹介していきます。

 

病気の犬イメージ写真

 

外耳炎

どんな犬でもかかりやすい病気に外耳炎があります。特に耳の垂れている犬種であるゴールデンレトリーバーやダックスフンド、皮膚の弱いフレンチブルドッグなどにかかりやすい傾向があります。
外耳炎とは耳の穴に炎症が起こっていることで、症状としては耳にかゆみや痛みが起こります。また、耳垢が増えて耳から悪臭がする事もあります。

 

外耳炎になると犬が耳をかきむしったり首を振るなどの仕草をすることがあります。症状が軽症の場合点耳薬をさすくらいで大丈夫なのですが、重症になると手術が必要になることもあります。

 

外耳炎が起こる原因の多くはアトピー性皮膚炎や食物アレルギーですが、散歩中などに異物が入り込んだり耳ダニに感染してしまったものなど様々なものがあります。

 

皮膚炎

皮膚炎も犬がかかりやすい病気の1つです、犬が皮膚炎にかかってしまう原因にはアトピー性皮膚炎や食物アレルギー、ダニやノミによるものなどがあります。
皮膚炎を起こすと体にかゆみが生じる為、患部をなめてしまったり引っかいてしまうなどして症状が悪化してしまうことになってしまうことがあります。犬の皮膚に異常が見られたらすぐに動物病院に連れて行くようにしましょう。

 

皮膚病にならないようにするために定期的にシャンプーしたり、普段の食事にアレルギーの起こらないようなグレインフリーのものにしたりするとよいでしょう。

 

虫歯や歯周病

犬が虫歯になると人間と同じように歯が茶色や黒色に変化したり、口臭がしたりします。
虫歯よりも多い症状に歯周病があります。歯周病は歯石や歯垢を放置したことにより歯茎が痩せ、放っておくと歯が抜けてしまうことがあります。

 

犬が虫歯になってしまうと人間とは異なり全身麻酔をして治療をすることになるので、普段からきちんと口内ケアをしてあげる必要があります。一番良いのは子犬の頃から歯磨きをする習慣をつけておく事が大切です。成犬になっても歯磨きをする習慣が付いていない場合、歯に触れることに慣らしていくことが大切です。

 

ガン

犬の死因の多くがガンによるものです。ガンになる原因は人間と同じくさまざまです。
ガンになると化学療法、薬物療法、放射線治療、免疫療法、手術などで対応を行います。
人間同様早期にガンを発見し、治療をしてあげることが大切です。そのためにも定期的な健診などを行っておく事が大切です。

 

犬が病気にかかると人間のように健康保険が無いため治療費が高額になることがあります。それを防ぐ為にペット保険に加入しておく事をおすすめします。