ドッグフードは小型犬で年間で30000円程度、大型犬で70000円~80000円程度かかります。

MENU

犬を買うのに必要な費用

 

これから犬を飼おうと思っている人にとって犬を飼うためにどれくらいの費用がかかるのかは気になるところです。

 

犬を飼うということは、ペットフード代や各種登録費用、予防接種などさまざまな費用が発生します。

 

まずペットショップなどで犬を購入によって迎えいれるという人は、購入費用がかかります。血統書つきの犬は数万円から数十万円するものもあります。

 

ただし現在ではインターネットなどで里親募集サイトなどで無料で引き渡されることもあるようです。

 

保健所などで収容されている犬を引き取るという方法もあり、犬の導入方法としてあまりお金がかからない方法などもあります。

 

そして子犬を迎え入れると感染症などの恐れがあるので、ワクチンの接種は欠かせません。
狂犬病の予防接種は3000円~4000円で受けられ、その他の9種から11種のワクチンは複合8種で10000円前後という金額で受けることができます。

 

そしてドッグフードなどの食費は毎月かかります。
ドッグフードは小型犬で年間で30000円程度、大型犬で70000円~80000円程度かかります。

 

犬小屋

また迎え入れで重要なのが犬小屋やケージなどの犬の住家です。

 

犬小屋は犬のサイズによって異なり、小型犬なら数千円~10000円程度犬のサイズが大きくなると20000円~30000円に上るものもあります。
最近では屋外に設置する犬小屋よりも屋内で犬を飼うためにデザイン性の高いケージが人気があります。

 

檻タイプのケージは、面積も広く数万円から高いモノで数十万円に上るものもあります。

 

このように犬を迎え入れるためには、それなりの準備と費用が必要であることもあります。

 

ペットショップで高額な犬を購入して、デザイン性の高いケージを購入して、品質の高いドッグフードを購入すれば、場合によっては1年間の費用が100万円を超すこともあります。

 

また費用だけでなく散歩や運動をともにすることや糞尿の世話などを考えると手間暇もバカになりません。