急な出張や旅行の際には、ペットホテルは小型犬なら1日3000円程度から利用することが出来ます。

MENU

一人暮らしでも飼いやすい犬種

 

1人暮らしでも犬を飼いたいという人はいます。

 

むしろ高齢世帯で身よりのない1人暮らしの老人や、結婚をしていない単身者世帯などで孤独を紛らわすためのパートナーとして犬を飼う人も多いようです。

 

家族がいれば、メインの飼主が留守のときでも他の誰かが犬の面倒をみてくれますが、1人暮らしでは自分が会社に行ってしまっている間、犬の世話を誰が見るのでしょうか?
また旅行や出張などで数日間家を空ける必要があるとき犬を放置してしまっていいのでしょうか?

 

そんな疑問に答えます。

 

 

ペット可のマンションも多くなってきた

1人暮らしの住居は主に集合住宅である場合が多いですが、ペット飼育可能である物件も少なくありません。
また犬種や犬のサイズによっては相談に乗ってくれる大家さんもいるので賃貸物件だから犬が飼えないということはなさそうです。

 

留守のときはペットホテルを利用

急な出張や旅行などでペットの世話ができないときは、ペットホテルを利用しましょう。
小型犬なら1日3000円程度から利用することができるので、自分の居住エリアにペットホテルのある街なら急な出張にも対応してくれます。

 

また友人や別居の家族などでいざというときに預けることができる場所を確保しておくというのもポイントです。

 

犬を1人にさせて大丈夫か?

留守番する犬

1人暮らしのペット飼育世帯では、自分が外出中は犬を1匹で家に残すことになりますが、意外と犬は1匹で放置されてもその日のうちに主人が帰ってくればそれほど問題ありません。
忠犬ハチ公もどんなに主人が返ってこなくても生涯待ち続けていました。

 

あとは犬が自分の留守中に家具や家電などにいたずらしないようにしっかりとしつけをしておくことが大切です。
自分の留守中に犬を寂しくさせないためには、敢えて2匹以上の犬を同時に飼うという手もあります。
孤独というのは犬にとって非常にストレスなので2匹で犬を飼うというのは有効な一人暮らし世帯の対策です。

 

飼いやすい犬種